Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

sci

最果て風呂

Vim の三角形表示がおかしい

以前の記事で少し触れたのですけれど、パッチ 543 を適用して以降、「▽」や「▼」がうまく表示されなくなってしまいました。

私は普段、Vim では skk.vim を使って日本語を入力しています。ちなみに Emacs では ddskk(Umeda) を使っていますが、AquaSKK は使っていません。

この三角形問題は SKK を使っている人にはすぐにピン!とくるものなのですが、多くの人にとっては???となってしまうものでしょう。GIF アニメーションを用意しましたので、まずは見てもらいたいと思います。

Vim 8.0.0542 の場合

f:id:nakinor:20170416225459g:plain

Vim 8.0.0563 の場合 (543 以降と捉えてください)

f:id:nakinor:20170416225710g:plain

Unicode 東アジア A (曖昧) の文字幅を W (広) にする」設定の変化

f:id:nakinor:20170416225816g:plain

問題は SKK での入力にあるのではありません。「▽」や「▼」を含んでいるファイルを開いた時でも、正常に表示することができないのです。また、Terminal.app だけでなく、iTerm.app でも問題が生じていますので、Vim 本体(パッチ543)に問題がある可能性がかなり高いのです。

「▽」や「▼」が使われている文章を見ることも書くこともほとんど無いため、.vim/vimrc に下記の設定をすることで入力時の問題を回避していますが、根本的な解決にはなっていません。

let skk_marker_white = '@'
let skk_marker_black = '*'

この問題も issue に登録して助言を求めようかと思っていたのですが、わたしにだけ生じている問題のような予感がします。世の中的にはかなりデキる部類に属するコミュニティの人達の貴重な時間を奪ってしまうことになるので、ここに書くだけにとどめておきます。

万が一にも同じような現象に悩んでいる人がいて、このエントリーを発見して安心してくれたら良いと思います。だいじょうぶ、あなたひとりじゃないよ!

追記

patch 567 で修正されました!