Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

sci

最果て風呂

Hugo によるはじめてのサイトジェネレート!

Jekyll での記事生成速度が遅くなってきたので、速いと評判の Hugo を使ってみることにしました。遅いといっても 146 記事で 5 秒ちょいなので、待てなくはありません。Jekyll は 2013 年 3 月から使いはじめたので、36 posts/year という増加量です。1000 記事に行く前に死んでしまうでしょうから、たいした問題ではないのかもしれません。しかし変更したものについては、ブラウザですぐに確認したいので、やっぱりたいした問題なのでした。

インストール

go get -v github.com/spf13/hugo

これでインストールすることができます。アップデートをする時は下記のように -u オプションを付ければ良いみたい。

go get -u -v github.com/spf13/hugo

ダウンロードには Hugo 本体やその他のライブラリ等のインストールを含めると、トータルで 11 分くらいかかりました。その時のログは下記なのですが、依存しているものがかなりたくさんあるのですね。

> go get -v github.com/spf13/hugo
github.com/spf13/hugo (download)
github.com/fsnotify/fsnotify (download)
...
golang.org/x/sys (download)
github.com/kardianos/osext (download)
github.com/spf13/afero (download)
...
golang.org/x/text (download)
...
github.com/spf13/cast (download)
github.com/spf13/cobra (download)
github.com/spf13/pflag (download)
github.com/cpuguy83/go-md2man (download)
github.com/spf13/fsync (download)
github.com/PuerkitoBio/purell (download)
github.com/PuerkitoBio/urlesc (download)
...
golang.org/x/net (download)
github.com/kyokomi/emoji (download)
github.com/miekg/mmark (download)
github.com/BurntSushi/toml (download)
github.com/mitchellh/mapstructure (download)
github.com/russross/blackfriday (download)
github.com/shurcooL/sanitized_anchor_name (download)
github.com/spf13/viper (download)
github.com/hashicorp/hcl (download)
github.com/magiconair/properties (download)
github.com/pelletier/go-toml (download)
github.com/pelletier/go-buffruneio (download)
github.com/spf13/jwalterweatherman (download)
github.com/bep/gitmap (download)
github.com/bep/inflect (download)
github.com/dchest/cssmin (download)
github.com/nicksnyder/go-i18n (download)
github.com/eknkc/amber (download)
github.com/yosssi/ace (download)
github.com/spf13/nitro (download)
github.com/gorilla/websocket (download)
golang.org/x/sys/unix
github.com/kardianos/osext
golang.org/x/text/transform
github.com/spf13/afero/mem
github.com/spf13/cast
github.com/spf13/pflag
golang.org/x/text/unicode/norm
github.com/cpuguy83/go-md2man/vendor/github.com/shurcooL/sanitized_anchor_name
github.com/cpuguy83/go-md2man/vendor/github.com/russross/blackfriday
github.com/fsnotify/fsnotify
github.com/PuerkitoBio/urlesc
golang.org/x/text/unicode/bidi
github.com/spf13/cobra
github.com/cpuguy83/go-md2man/md2man
golang.org/x/text/secure/bidirule
github.com/spf13/afero
golang.org/x/text/width
golang.org/x/net/idna
github.com/kyokomi/emoji
github.com/BurntSushi/toml
github.com/spf13/cobra/doc
github.com/PuerkitoBio/purell
github.com/mitchellh/mapstructure
github.com/shurcooL/sanitized_anchor_name
github.com/russross/blackfriday
github.com/spf13/fsync
github.com/spf13/hugo/bufferpool
github.com/hashicorp/hcl/hcl/strconv
github.com/hashicorp/hcl/hcl/token
github.com/magiconair/properties
github.com/hashicorp/hcl/hcl/ast
github.com/miekg/mmark
github.com/hashicorp/hcl/hcl/scanner
github.com/hashicorp/hcl/hcl/parser
github.com/hashicorp/hcl/json/token
github.com/hashicorp/hcl/json/scanner
github.com/hashicorp/hcl/json/parser
github.com/pelletier/go-buffruneio
github.com/spf13/jwalterweatherman
github.com/pelletier/go-toml
github.com/hashicorp/hcl
gopkg.in/yaml.v2
github.com/bep/gitmap
github.com/bep/inflect
github.com/dchest/cssmin
github.com/nicksnyder/go-i18n/i18n/language
github.com/nicksnyder/go-i18n/i18n/translation
github.com/eknkc/amber/parser
github.com/eknkc/amber
github.com/yosssi/ace
github.com/spf13/viper
github.com/nicksnyder/go-i18n/i18n/bundle
github.com/spf13/hugo/parser
github.com/spf13/nitro
github.com/gorilla/websocket
github.com/spf13/hugo/utils
github.com/spf13/hugo/watcher
github.com/spf13/hugo/hugofs
github.com/spf13/hugo/helpers
github.com/spf13/hugo/livereload
github.com/spf13/hugo/target
github.com/spf13/hugo/source
github.com/spf13/hugo/tpl
github.com/spf13/hugo/transform
github.com/spf13/hugo/hugolib
github.com/spf13/hugo/create
github.com/spf13/hugo/commands
github.com/spf13/hugo

これで hugo コマンドはすでに使えるようになっています。GOPATH は設定してありますからね。

記事を作成する

hugo new site hogehugo

とすると、カレントディレクトリに hogehugo というディレクトリと共に必要なものが生成されます。このディレクトリに移動して、とりあえず記事を作成してみましょう。

cd hogehugo
hugo new post/hugohugo.md

記事を編集・保存してから次のコマンドを入力するとサーバが起動されて、localhost:1313 にアクセスすればページが見える、

hugo server

ハズだったのですが、見えません。サーバは起動しているのですが、何もない白いページが表示されるのでした。

先のコマンドで生成された記事のデフォルトでは、front matter の部分に draft = ture と記述されていました。「これがアレなんかなぁ」と思ったので、下記のオプションを付けてみました。

> hugo server --buildDrafts
Started building sites ...
ERROR 2017/01/09 23:12:48 Failed to normalize URL string. Returning in = "/"
ERROR 2017/01/09 23:12:48 Failed to normalize URL string. Returning in = "/"
=============================================================
Your rendered home page is blank: /index.html is zero-length
 * Did you specify a theme on the command-line or in your
   "config.toml" file?  (Current theme: "")
 * For more debugging information, run "hugo -v"
=============================================================
ERROR 2017/01/09 23:12:48 Failed to normalize URL string. Returning in = "/"
ERROR 2017/01/09 23:12:48 Failed to normalize URL string. Returning in = "404.html"
ERROR 2017/01/09 23:12:48 Failed to normalize URL string. Returning in = "404.html"
Built site for language en:
0 of 2 drafts rendered
0 future content
0 expired content
0 regular pages created
1 other pages created
0 non-page files copied
0 paginator pages created
0 tags created
0 categories created
total in 5 ms
Watching for changes in /Users/hogehugo/{data,content,layouts,static}
Serving pages from memory
Web Server is available at http://localhost:1313/ (bind address 127.0.0.1)
Press Ctrl+C to stop

こんなエラーが出ています。調べてみると「stable の 0.18.1 を使えや」とあります。でも、go ってバージョン(git の tag)を指定してビルドできるんでしたっけ?

ちょっと古いけれども「Goパッケージ依存管理最新事情」によるとバージョン指定はできないようですね。

結局、バイナリの v0.18.1 をダウンロードすることにした(また無駄なデータ通信量が……)。unzip して bin ディレクトリに放り込みました。.app(bunlde 形式)のような「バイナリ、これひとつあれば OK なのよ」というのは素敵ですね。

さて、エラーは出なくなったものの、あいかわらず白い画面のままです。「index.html が無いやん?」と言われていますが、そんなの Quickstart には書いてないやん。

日本語の情報が欲しくて調べてみると、下記の記事が引っ掛ってきました。ゴリラのページは画像が大きすぎて読み込み中止に。

どうやら layoutssingle.html というファイルが必要のようです。(またしても) Quickstart に書いてないやんけ!どうやら現在の Hugo は、方針として theme を利用させるようになっているみたいですね。

最低限必要なものとしては下記のようになります。各ファイルの内容や書き方については上記のサイトを参考にします。

content/post/hogehugo.md
layouts/_default/single.html
layouts/index.html (なくても何とかなる)

そして

hugo server -w --buildDrafts

やっと確認することができました。Hugo のバージョンはあまり関係なかったみたいですね。Hugo v0.19-DEV でもエラーは出ていますけれども、ちゃんと記事は生成されていますから良しとしましょう。

次にしたこと

Jekyll で構築していた記事を Hugo にコピーしてビルドしてみました(hugo import jekyll scihate hugoblo での移行は微妙でした)。メッセージによるとプロセス速度は 145ms らしいです。記事のインデックスやもろもろの作成はまだですけれども、とてつもなく速いですわ。

Jekyll に似ているようで似ていないというか、使っているうちにわかるようになってくるとは思いますけれども、こんがらがります。例えば、各記事ごとにディレクトリが作成されて、その中に index.html が作られるので、今までとは URI が変わってしまいます。

あ!markdown を解釈するエンジンが違うのか、引用の中でコードを書いているような場合でうまくいってない?GFM エンジンとか選択できるのかしら?今まで作成してきた記事を移行するかどうか微妙なところです……。

Jekyll の動向を調べてみたところ、--incremental というオプションを付けるとそれなりになるそうです(日本語で言及しているサイトがほとんどない)。試してみると、446ms となりました。これなら Jekyll のままでいいかもしれません。最終的にビルドする時に時間がかかるのは気になりませんから。

とりあえずはチュートリアルを読み続けてみます。