Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

sci

最果て風呂

ThinkPad の復元

バックアップから復旧してみる

電源関係のファイルが壊れてしまったのか、本体が壊れてしまったのか分らないけれど、スリープ後に正常にシステムが起動しなくなってしまった。そのためノートパソコンなのに電源を入れっぱなしにして運用するという状態を強いられてきた。

どうも他のシステムファイルも壊れているような感じなので、OS を再インストールしなきゃダメみたいだ。ということで、今時分 WindowsXP を再インストールすることにした。

この機種はハードディスク内にあるリカバリ領域から復元等の処理を行なえるのだけど、それに関するファイルも壊れてしまったようで、 Rescue and Recovery プログラムが動かないのだった。そういう訳で、購入した際に作成したリカバリディスク(付属していないので自分で DVD-R に焼かなくちゃならない)を使うことにした。

HDD を初期化して真っ新な状態にするのが理想だけど、この DVD-R メディアが読み込めなくなっている可能性もあるので、システムのみの復元をしてみることにした。

ThinkVantage Rescue and Recovery ディスクから起動して、左側にあるメニューから

  • 「システムの復元」
  • 「バックアップから Windows オペレーティング・システムおよびアプリケーションのみを復元する。」

を選択し、HDD に保存してあるバックアップイメージ(2010-07-10)を指定してやればいいのだ。確かこれは SP3 を適用した後のイメージなので、アップデータによる再起動を何度も繰り返さなくても良いはずだ。

Progress ダイアログが

システムの復元中... 3%
推定される殘り時間: 39 分

などと表示されるので、まとめサイトでも閲覧しながら時間を潰す。

まだかなぁ……まだだよ……

Progress ダイアログが消えて動きなし。処理が終わったらその旨のメッセージを出してくれても良さそうなものなのに……。ということで手動で再起動する。DVD-R は抜いてから、ね。

「次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を
起動できませんでした:
<Windows root>\system32\hal.dll.
上記のファイルをインストールし直してください。」

と黒い画面のまま言われてしまった……。これは詰んだか?

工場出荷時に戻してみる

結局クリーンインストールをすることにした。DVD-R は劣化しておらず読み込むことが出来たのでホッとした。最後まで行くかなぁ……。

WindowsXP 自体のインストールは完了したものの、IBM System Setup という(シェルスクリプトっぽい)プログラムが何度も再起動を繰り返して辛い。たぶん、ThinkVantage 関係のものを入れているのだと思う。

Please wait, IBM Customizations in progress......

というダイアログが消えずに時間ばかりが過ぎていく。

うわ、Symantec AntiVirus なんて入れてるわ。これ重いから速攻で削除したやつだ。IBM Java2 JRE 1.4.2 とかも入れてる……。Adobe Reader 7.0 とかも古いわ。

最後に C ドライブを FAT32 から NTFS に変換して復旧作業は終了。

いろいろとごにょごにょやって SP3 を適用して完了。

復旧後にやったこと

インストールしたものとかアンインストールしたものとか。無線 LAN 接続が出来なくなったりといろいろと不安材料あり。しかも、スリープ復帰問題が解決してない。本体が壊れてるのかなぁ…… 約 8 年だもんね、どこかにガタが来るわさ。

- Symantec 関係
- Diskeeper Lite
+ Altime
+ Firefox
+ Microsoft Security Essentials
+ JWW

振り出しに戻る

どうも動作が遅い。BIOS から HDD を初期化してもう一度やってみる。と思ったら、BIOS には HDD の初期化とかなかったわ。以前やった記憶があるけど、それは SCSI カードの BIOS が持ってた機能なのかなぁ。

Arch Linux のディスクがあったのでこれで HDD をごにょごにょする。fdisk /dev/sda とかするの滅茶苦茶懐かしい。もうこのまま Linux をインストールして楽になってしまおうかとも思ったけど、Windows でなければならない理由があるのだ。

出勤前にスタートさせていた復旧処理が帰宅後には終了していた。今回はレスポンスが遅くなるようなこともなく、ちゃんとリカバリが出来ているみたい。SP3 にアップデートして、その他もろもろのアプリケーションを入れた。ただ、やっぱり再起動がうまくいかないのであった。これはもう仕方ないのかなぁ……

Windows Update が動いて、なんと更新が 135 個もあった。処理をさせたまま会社に行って帰ってくると、Genuine Advantage が確認のダイアログを出していた。余計な真似を……。処理を進めさせて自分は風呂に入って寝た。

Windows XP 関係はほぼ最新になっているけど、ドライバ関係は古いままだ。ThinkVantageSystemUpdate を起動してもサーバが落ちてるとかで動かない。確か前にサーバの場が変更になってたような。プログラムが古いから前の URI を参照していていつまで経っても進まないという訳か。

Lenovo のサイトから直接 ThinkVantageSystemUpdate をダウンロードし、3.16 にアップデートした。起動すると .NET Framework が必要だと吐かしやがった。だんだんイライラしてきたぞ〜。とりあえず Microsoft のサイトから .NET Framework バージョン 4.0 をダウンロードしてインストール。無事に SystemUpdate が動くようになった。

電源関係のドライバをアップデートしてみるけどやっぱダメ。やっぱりハードウェア的な故障なのかなぁ……。

Firefox で 中ボタン押しトラックポイント移動ができなくなっていた。about:configui.trackpoint_hack.enabled 1 に設定すると良い。こんなん忘れるわ。