Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

sci

最果て風呂

MinGWを使ってのビルド方法

手っ取り早く Emacs をビルドしたい

各環境用に用意されたバイナリをインストールするのが一番手っ取り早いのですが、愛があるなら一度は各自でビルドしてみましょう(^_^;)

  1. MinGWのインストール

    まずはコンパイルをするための道具を用意します。MinGW | Minimalist GNU for Windows からお使いのコンピュータにあったコンパイラをダウンロードしてインストールします。 今回は SourceForge から mingw-get-insta-20120426.exe をダウンロードしました。

  2. ソースを取得する

    GNU Emacs から Emacs のソースをダウンロードします。 今回は RingServerProject から emacs-24.3.tar.xz のソースを取得しました。

  3. コンパイルをする

    sh xzcat emacs-24.3.tar.xz | tar xf -

    などとしてアーカイブを展開し、emacs-24.3/nt ディレクトリに移動し下記のコマンドを実行します。

    sh cmd /c configure.bat mingw32-make

    これでバイナリが作成されました。さらに

    sh mingw32-make install

    を実行することにより emacs-24.3bin ディレクトリ等が作成されます。

  4. 起動する

    bin ディレクトリ内にはこの他にも様々な実行ファイルが存在していますが、デスクトップで通常に使う際には runemacs.exe をダブルクリックします。これで Emacs が起動します。

おつかれさまでした。

画像も扱えるような Emacs をビルドしたい

駆け足でビルド方法を紹介してきましたが、画像も扱えるような Emacs をビルドするためには、上記の手順 3. の configure.bat を実行する前に各種ライブラリやヘッダファイルをインストールしておく必要があります。

GnuWin32 から各種画像用の .dll.h ファイルを取得して、MinGW 以下の bin/include/ に入れておきましょう。あとは 3. の cmd /c configure.bat 以降の手順を行なうことにより、画像を扱える Emacs を手にすることができます。

もうちょっと詳しく!ここでは XPM を取り上げてみます。

  1. xpm-3.5.1-1-bin.zip を展開し、xpm-3.5.1-1-bin/bin/xpm4.dllMinGW/bin/ 以下に移動する

  2. xpm-3.5.1-1-lib.zip を展開し、xpm-3.5.1-1-lib/include/X11/xpm.hMinGW/include/X11/ 以下に移動する(はじめての場合は X11 ディレクトリは存在していないので作成しておく)

  3. xpm-3.5.1-1-src.zip を展開し、xpm-3.5.1-1-src/src/xpm/3.5.1/libXpm-3.5.1-src/lib/simx.hMinGW/include/ 以下に移動する

  4. cmd /c configure.bat mingw32-make mingw32-make install を実行する

他の画像フォーマットも同じような手順 (bin 以下のものを bin へ、include 以下のものを include へコピー) で有効にすることができます。なお、PNG では zlib も必要になります。