Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

sci

最果て風呂

Gnuplot で AquaTerm を使えるようにビルドする

5.0.3 にアップデートするため、いつものように

./configure --with-readline=builtin --with-aquaterm

としてビルドしたのだけれど、AquaTerm が認識されていなかった。config.log を見ると下記のようになっていた。

 configure:8910: checking for AquaTerm framework presence
 configure:8931: gcc -o conftest -g -O2   -framework Foundation -framework AquaT
 erm conftest.m  >&5
 conftest.m:31:9: fatal error: 'AquaTerm/AQTAdapter.h' file not found
 #import <AquaTerm/AQTAdapter.h>
         ^
 1 error generated.

ヘッダファイルが見つからないらしい。<AquaTerm/AQTAdapter.h> となっているので、その形にディレクトリを変更する。AquaTerm.framework 内でリンクを張っても良かったけれど、つい癖で /usr/local/include に張ってしまった。

sudo ln -s /Library/Frameworks/AquaTerm.framework/Headers /usr/local/include/AquaTerm

しかしこれでも AquaTerm を使えるようにはならない。./configure が出力するログが

aqua terminal (OSX): no

のままなのだ。結局、AquaTerm.framework の場所を LDFLAGS で教えてやることで認識するようになった。XcodeSDK が 10.11 になってからいろいろと面倒なことになった。どうやら /usr/local/Library/Frameworks をデフォルトで見てくれないようだね。

最終的に下記のようにして AquaTerm を有効にした Gnuplot をビルドすることができた。

CFLAGS='-I/usr/local/include' LDFLAGS='-F/Library/Frameworks' ./configure --with-readline=builtin --with-aquaterm

make check でいつものようにデモが表示され、レナちゃんも見ることができた。