Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

sci

最果て風呂

texi2any で出力される HTML タグの関係表

Emacs をビルドしていると UTF-8 うんぬんの警告が出るので、texinfo を 6.1 に上げてみた。C の makeinfo から Perl の texi2any になって変換速度は遅くなったけれど、かなりまともなタグを出力するようになっていた。<br> タグが惜しい。

@documentencoding UTF-8 を書いておくと嬉しいことになる。CSS は内蔵されるタイプなので、デザインが決まるまではちょいと手間がかかる。というか HTML 出力がメインならば、直接書くか Markdown を使った方がいいわな。

見出し

texi html
@chapter <h2 class="chapter"></h2>
@section <h3 class="section"></h3>
@subsection <h4 class="subsection"></h4>
@subsubsection <h4 class="subsubsection"></h4>
@unnumberedsec <h3 class="unnumberedsec"></h3>
@unnumberedsubsec <h4 class="unnumberedsubsec"></h4>
@unnumberedsubsubsec <h4 class="unnumberedsubsubsec"></h4>

ブロック

texi html
@quotation,@end quotation <blockquote><p></p></blockquote>
@verbatim,@end verbatim <pre class="verbatim"></pre>
@example,@end example <div class="example"><pre class="example"></pre></div>
@display,@end display <div class="display"><pre class="display"></pre></div>
@format,@end format <div class="format"><pre class="format"></pre></div>
@flushleft,@endflushleft <p align="left"></p>
@flushright,@endflushright <p align="right"></p>

インライン

texi html
@code{} <code></code>
@env{} <code></code>
@kbd{} <kbd></kbd>
@var{} <var></var>
@key{} <tt class="key"></tt>
@samp{} ‘<samp></samp>‘
@option{} ’<samp></samp>’
@file{} <samp></samp>
@command{} ""
@strong{} <strong></strong>
@cite{} <cite></cite>
@acronym{} <acronym></acronym>
@* <br>